InDesign DOM CS5-CC2015 について

これはInDesign CS5~CC2015 のドキュメントオブジェクトモデル図です。

以前のバージョン等は最下部に記載があります。

CC以降に追加されたオブジェクトについては、環境がないので、動かしての確認はしていません。
また、自分で使わないもの(InCopy、XML、DPS、EPub、プリフライト)や、よく理解していないもの (アニメーション、イベント、変形)については間違いや欠落がひどいです。
もし間違いを発見されたり、知らないところを教えてくれる場合はご連絡を頂けると幸いです。
年に数回連絡があります。連絡を下さった方々、ありがとうございます。

オブジェクト名の前にある画像は各バージョンで使用可能かどうかを示しています。

画像 説明
CS5(バージョン7.0)+ Folioプラグインで使用可能
CS5.5(バージョン7.5)で使用可能
CS6(バージョン8.0)で使用可能
CC(バージョン9.0)で使用可能
CC2014.2(バージョン10.2)で使用可能(CC2014、CC2014.1では使用できないものがあります)
CC2015.4(バージョン11.4)で使用可能(CC2015~CC2015.3では使用できないものがあります)

※印のものは複数のオブジェクトをまとめて表記していることを示しており、以下の用語を用いています。

各ページアイテム※ 全バージョン共通 PageItem, SplineItem, Rectangle, Oval, Polygon, GraphicLine, EPSText, TextFrame, FormField, Button, MultiStateObject, Group
CS6以降で追加 TextBox, SignatureField, ComboBox, ListBox, CheckBox, RadioButton
各グラフィック※ Graphic, Image, PICT, WMF, EPS, PDF, ImportedPage
ImportedPageを除く各画像※ Graphic, Image, PICT, WMF, EPS, PDF
各効果※ TransparencySetting, FillTransparencySetting, StrokeTransparencySetting, ContentTransparencySetting
各テキスト※ Text, TextColumn, Paragraph, Line, TextStyleRange, Word, Character, InsertionPoint
テキスト類※ Text, TextColumn, Paragraph, Line, TextStyleRange, Word
各Widget※ AngleCombobox, AngleEditbox, CheckboxControl, Dropdown, IntegerCombobox, IntegerEditbox, MeasurementCombobox, MeasurementEditbox, PercentCombobox, PercentEditbox, RealCombobox, RealEditbox, TextEditbox, StaticText, RadiobuttonGroup, Widget

プロパティ名や定数で名前の長いものがあります。表に収めようとするとそれらが折り返されないので
非常に見にくくなります。悩んだ末、表示を優先させるため、おおむね30文字以上の名前は、間に空白を入れて
折り返すようにしました。そのため、それらは検索では見つけることができません。ご了承ください。

CS5-CC2015のオブジェクトモデル図(ツリー図)を開く

以下はツリー内の特定の位置にリンクしています。
Document  PageItem  TextFrame  Graphic  Text

各定数は、詳細画面中に含めていますが、数の多いものなど、一部は別画面にしています。
そのうち、SpecialCharactersは単独で見ることが多いのでここからリンクを張っておきます。

SpecialCharacters.htmlを開く


CS5-CC2015のオブジェクトモデル図をダウンロード

以前のバージョン(CS~CS5.5)へ移動

以前のバージョン(CS~CS5.5)をダウンロード

以前のバージョン(CS~CS4)のVBScript版をダウンロード

[HOME]