AutoCorrectTables

AutoCorrectTable(環境設定-自動修正の言語)のコレクション

プロパティ

Ver.プロパティ名R/O説明
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
length 数値オブジェクト数

メソッド

Ver.メソッドの書式戻り値メソッドの説明
  パラメータパラメータの説明
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
anyItem() AutoCorrectTableどれかのオブジェクトを返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
count() 数値要素数を返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
everyItem() Array( AutoCorrectTable )全てのオブジェクトを返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
firstItem() AutoCorrectTable最初のオブジェクトを返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
item(index) AutoCorrectTableインデックスまたは名前で指定したオブジェクトを返す
index 数値, 文字列値インデックスまたは名前
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
itemByName(name) AutoCorrectTable名前で指定したオブジェクトを返す
name 文字列値
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
itemByRange(from, to) Array( AutoCorrectTable )範囲で指定したオブジェクトを返す
from AutoCorrectTable, 数値, 文字列値範囲の開始
to AutoCorrectTable, 数値, 文字列値範囲の終了
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
lastItem() AutoCorrectTable最後のオブジェクトを返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
middleItem() AutoCorrectTable真ん中のオブジェクトを返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
nextItem(obj) AutoCorrectTable一つ後のオブジェクトを返す
obj AutoCorrectTable位置の基準になるオブジェクト
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
previousItem(obj) AutoCorrectTable一つ前のオブジェクトを返す
obj AutoCorrectTable位置の基準になるオブジェクト
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
toSource() 文字列値ソースコードを表す文字列を返す

AutoCorrectTable

環境設定-自動修正の言語

プロパティ(parentとその逆)

Ver.プロパティR/O
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
parent Application
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
eventListeners EventListeners
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
events Events

プロパティ

Ver.プロパティ名R/O説明
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
autoCorrectWordPairList [[ ミススペル単語1, 修正1 ], ... ]ミススペル単語, 修正は文字列値
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
index 数値インデックス
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
isValid 真偽値オブジェクトが有効かどうか
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
name 文字列値オブジェクトの名前
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
properties Object

メソッド

Ver.メソッドの書式戻り値メソッドの説明
  パラメータパラメータの説明
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
addEventListener(eventType, handler, [captures]) EventListenerEventListenerを作成
eventType 文字列値
handler ファイル, JavaScript関数
[captures] 真偽値(廃止)
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
getElements() Array( AutoCorrectTable )オブジェクト参照を返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
removeEventListener(eventType, handler, [captures]) 真偽値EventListenerを削除
eventType 文字列値
handler ファイル, JavaScript関数
[captures] 真偽値(廃止)
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
toSource() 文字列値ソースコードを表す文字列を返す
[7][7.5][8][10]
[11][12][13][14]
toSpecifier() 文字列値Retrieves the object specifier.