CrossReferenceFormat

相互参照形式

プロパティ(オブジェクト)

Ver.プロパティ名説明

677.5
parentDocument

677.5
buildingBlocksBuildingBlocks定義

77.5
eventListenersEventListeners

77.5
eventsEventsイベント

プロパティ

Ver.プロパティ名R/O説明

677.5
appliedCharacterStyle CharacterStyle 適用される文字スタイル

677.5
id 数値型 オブジェクトのID

677.5
index 数値型 インデックス

677.5
isValid ブール型

677.5
label 文字列型 スクリプトラベル

677.5
name 文字列型 オブジェクトの名前

メソッド

Ver.メソッドの書式戻り値メソッドの説明
  パラメータパラメータの説明

77.5
addEventListener(eventType, handler, [captures])EventListenerEventListenerを作成
eventType 文字列型
handler File型, JavaScript関数
[captures] ブール型(既定値=false) This parameter is obsolete.

677.5
extractLabel(key)文字列型キーに関連づけられたラベルを取得
key 文字列型 キー

677.5
getElements()CrossReferenceFormat

677.5
insertLabel(key, value)なしキーに関連づけられたラベルを設定
key 文字列型 キー
value 文字列型 ラベルの値

677.5
remove()なし削除

77.5
removeEventListener(eventType, handler, [captures])ブール型EventListenerを削除
eventType 文字列型
handler File型, JavaScript関数
[captures] ブール型(既定値=false) This parameter is obsolete.

677.5
toSource()文字列型

677.5
toSpecifier()文字列型

コレクションオブジェクトのプロパティ CrossReferenceFormats

Ver.プロパティ名R/O説明

677.5
length 数値型 オブジェクト数

コレクションオブジェクトのメソッド CrossReferenceFormats

Ver.メソッドの書式戻り値メソッドの説明
  パラメータパラメータの説明

677.5
add([name], [withProperties])CrossReferenceFormat新しいオブジェクトを作成し、それを返す
[name] 文字列型 The format name.
[withProperties] Object プロパティの初期値を設定

677.5
anyItem()CrossReferenceFormat

677.5
count()数値型要素数を返す

677.5
everyItem()CrossReferenceFormat

677.5
firstItem()CrossReferenceFormat最初のオブジェクトを返す

677.5
item(index)CrossReferenceFormatインデックスまたは名前で指定したオブジェクトを返す
index 数値型, 文字列型 番号もしくは名前

677.5
itemByID(id)CrossReferenceFormatIDで指定したオブジェクトを返す
id 数値型 オブジェクトのID

677.5
itemByName(name)CrossReferenceFormat名前で指定したオブジェクトを返す
name 文字列型 名前

677.5
itemByRange(from, to)CrossReferenceFormat範囲で指定したオブジェクトを返す
from CrossReferenceFormat, 数値型, 文字列型 範囲の開始
to CrossReferenceFormat, 数値型, 文字列型 範囲の終了

677.5
lastItem()CrossReferenceFormat最後のオブジェクトを返す

677.5
middleItem()CrossReferenceFormat

677.5
nextItem(obj)CrossReferenceFormat一つ後のオブジェクトを返す
obj CrossReferenceFormat 位置の基準になるオブジェクト

677.5
previousItem(obj)CrossReferenceFormat一つ前のオブジェクトを返す
obj CrossReferenceFormat 位置の基準になるオブジェクト

677.5
toSource()文字列型