AutoCorrectTable

環境設定−自動修正の言語

プロパティ(オブジェクト)

Ver.プロパティ名説明
45
677.5
parentApplication

77.5
eventListenersEventListeners

77.5
eventsEventsイベント

プロパティ

Ver.プロパティ名R/O説明
45
677.5
autoCorrectWordPairList [[ミススペル単語1, 修正1], ...] ミススペル単語, 修正は文字列型
4
id 数値型 オブジェクトのID
45
677.5
index 数値型 インデックス

677.5
isValid ブール型
45
677.5
name 文字列型 オブジェクトの名前

メソッド

Ver.メソッドの書式戻り値メソッドの説明
  パラメータパラメータの説明

77.5
addEventListener(eventType, handler, [captures])EventListenerEventListenerを作成
eventType 文字列型
handler File型, JavaScript関数
[captures] ブール型(既定値=false) This parameter is obsolete.
45
677.5
getElements()AutoCorrectTable

77.5
removeEventListener(eventType, handler, [captures])ブール型EventListenerを削除
eventType 文字列型
handler File型, JavaScript関数
[captures] ブール型(既定値=false) This parameter is obsolete.
45
677.5
toSource()文字列型
45
677.5
toSpecifier()文字列型

コレクションオブジェクトのプロパティ AutoCorrectTables

Ver.プロパティ名R/O説明
45
677.5
length 数値型 オブジェクト数

コレクションオブジェクトのメソッド AutoCorrectTables

Ver.メソッドの書式戻り値メソッドの説明
  パラメータパラメータの説明
45
677.5
anyItem()AutoCorrectTable
45
677.5
count()数値型要素数を返す
45
677.5
everyItem()AutoCorrectTable
45
677.5
firstItem()AutoCorrectTable最初のオブジェクトを返す
45
677.5
item(index)AutoCorrectTableインデックスまたは名前で指定したオブジェクトを返す
index 数値型, 文字列型 番号もしくは名前
4
itemByID(id)AutoCorrectTableIDで指定したオブジェクトを返す
id 数値型 オブジェクトのID
45
677.5
itemByName(name)AutoCorrectTable名前で指定したオブジェクトを返す
name 文字列型 名前
45
677.5
itemByRange(from, to)AutoCorrectTable範囲で指定したオブジェクトを返す
from AutoCorrectTable, 数値型, 文字列型 範囲の開始
to AutoCorrectTable, 数値型, 文字列型 範囲の終了
45
677.5
lastItem()AutoCorrectTable最後のオブジェクトを返す
45
677.5
middleItem()AutoCorrectTable
45
677.5
nextItem(obj)AutoCorrectTable一つ後のオブジェクトを返す
obj AutoCorrectTable 位置の基準になるオブジェクト
45
677.5
previousItem(obj)AutoCorrectTable一つ前のオブジェクトを返す
obj AutoCorrectTable 位置の基準になるオブジェクト
45
677.5
toSource()文字列型