InDesign DOM CS-CS5.5 について

これはInDesign CS~CS5.5 のドキュメントオブジェクトモデル図です。

全オブジェクトを動かして確認しているわけではありませんので、間違いや欠落があります。
また、自分の理解の為に意図的に追加・削除等を行っているところがあります。

CS5-CC2015の公開に伴い、こちらの更新は停止しました。

オブジェクト名の前にある画像は各バージョンで使用可能かどうかを示しています。

画像 説明
CS(バージョン3.0)で使用可能
CS2(バージョン4.0)で使用可能
CS3(バージョン5.0)で使用可能
CS4(バージョン6.0)で使用可能
CS5(バージョン7.0)で使用可能
CS5で、Folio Producer Tools プラグイン 1.1.1 を
インストールした場合に使用可能
CS5.5(バージョン7.5)で使用可能

※印のものは複数のオブジェクトをまとめて表記していることを示しており、以下の用語を用いています。

各ページアイテム※
(CS4(6.0)以前)
PageItem, Rectangle, Oval, Polygon, GraphicLine, TextFrame, Button, FormField, Group
各ページアイテム※
(CS5(7.0)以降)
PageItem, SplineItem, Rectangle, Oval, Polygon, GraphicLine, EPSText, TextFrame, Button, FormField, MultiStateObject, Group
各グラフィック※
(CS2(4.0)以前)
Graphic, Image, PICT, WMF, EPS, PDF
各グラフィック※
(CS3(5.0)以降)
Graphic, Image, PICT, WMF, EPS, PDF, ImportedPage
各効果※
(CS3(5.0)以降)
TransparencySetting, FillTransparencySetting, StrokeTransparencySetting, ContentTransparencySetting
各テキスト※
(CS4(6.0)以前)
Text, TextColumn, Paragraph, Line, TextStyleRange, Word, Character, InsertionPoint
各テキスト※
(CS5(7.0)以降)
Text, TextColumn, Paragraph, Line, TextStyleRange, Word, Character
各Widget※ AngleCombobox, AngleEditbox, CheckboxControl, Dropdown, IntegerCombobox, IntegerEditbox, MeasurementCombobox, MeasurementEditbox, PercentCombobox, PercentEditbox, RealCombobox, RealEditbox, TextEditbox, StaticText, RadiobuttonGroup, Widget

なお、CS5においてはほとんどのオブジェクトの下位ににEvent、EventLIstener、MutationEventがありますが、あまりに煩雑になるため省略しています。アプリケーション、またはドキュメントオブジェクトの下位には残してありますので、そちらから参照してください。またJavaScriptでのpropertiesプロパティは割愛しています。

オブジェクトモデル図内のオブジェクト名はリンクになっており、クリックすると詳細画面が開きます。

詳細画面はわたしの憶えのためのもので、一切保証しませんし、完成させるつもりもありません(というか、完成する前に次のバージョンが出てしまう(T_T))。

CS-CS5.5のオブジェクトモデル図(JavaScript)を開く またはダウンロード

定数(enumerator)について

各定数は、詳細画面中に含めていますが、数の多いものなど、一部は別画面にしています。

そのうち、SpecialCharactersは単独で見ることが多いのでここからリンクを張っておきます。

SpecialCharacters.htmlを開く

[HOME]